.
 
 Introduction of Publication

We are sorry!! Now we offer this page only in a Japanese version.
English version is under construction

 

獣医学の狩人たち2 20世紀の獣医偉人列伝


著者:大竹 修

   

A5判、並製本、本体価格2,200円(税別)
ISBN978-4-909933-15-7
C0023





C
o
n
t
e
n
t
s

1.麻布大学中興の祖…………………………………… 中村道三郎 
2.獣医解剖学の先覚者………………………………… 大澤竹次郎 
3.日本獣医史学会生みの親…………………………… 田中 丑雄 
4.獣医・畜産ジャーナリストの大御所……………… 白井恒三郎 
5.ケトーシスを発見したルミノロジーの提唱者…… 梅津 元昌 
6.史上最大の伝染病“牛疫”根絶の立役者………… 中村 稕治  
7.獣医内科診断学の権威……………………………… 中村 良一 
8.装蹄学の大家………………………………………… 北   供
9.家畜人工授精研究の世界的権威…………………… 西川 義正 
10.北里大学に獣医学部を創った人…………………… 椿  精一 
11.イリオモテヤマネコやニホンオオカミ研究の第一人者… 今泉 吉典 
12.“ミスター乳房炎”と呼ばれた研究者……………… 桐沢  統 
13.牛の第四胃変位と蹄病の予防治療普及活動……… 幡谷 正明 
14.獣医繁殖学の発展に貢献…………………………… 藺守 龍雄 
15.世界的な食中毒菌研究者…………………………… 阪崎 利一 
16.獣医繁殖学の重鎮…………………………………… 三宅  勝 
17.胚(受精卵)移植技術の先駆者…………………… 杉江  佶 
18.風土病と分娩期代謝障害研究の先覚者…………… 村上 大蔵 
19.ボツリヌス中毒研究の世界的権威………………… 阪口 玄二 
20.エルシニア研究の第一人者………………………… 坪倉  操 

                                     

 

プリンタ出力用画面


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。


. .